楽天モバイルの回線速度や評判を調べてみました。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルでは、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。通信スピードに関しては、何不自由ない速度ですね。格安なのにdocomoと同じ回線が使えるということが、楽天モバイルの素晴らしいところです。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの速度制限に関して

MVNO・キャリアともにそうですが、ユーザーが平等に使えるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度を制限しています。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。またdocomo回線を利用しているため、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。前置きはこの辺で、楽天モバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomoの基地局を使ったお得なスマホ

楽天モバイルでは、docomoの回線を使っています。気になる通話品質もドコモと同じなため、一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、楽天モバイルのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、スマートフォン本体にかかる費用を節約することも可能です。ドコモの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

格安スマホの機種が選択肢豊富すぎる

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たにスマートフォンを購入する必要があります。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、かなりの種類があり、他のMVNOと比べても豊富なラインナップとなっています。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。メリットの多い楽天モバイルですが注意したいのは、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。楽天カードを持っていない場合は、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

データ通信量の繰り越し

利用プランによって使える容量は異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。しかし、こういった場合でも楽天モバイルであれば、データ容量を次の月に持ち越すことができます。MNVOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

通話料が半額で番号通知可能な楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」アプリを利用すると通話料が半額になり毎月のスマホ代がお得になります。プレフィックス型通話サービスと言われるもので、IP電話と違い、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話サービスの場合、大半が非通知での発信のみだったり、050番号が通知されたりするので、発信者が分かりづらく使いづらいのですが、楽天でんわであれば、そのような心配な不要です。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。MVNOのスマートフォンは月々の金額は安くて助かるのですが、通話の度に料金がかかってしまうのは心配だ、という方のためのサービスが始まりました。楽天モバイルでは、国内通話が最初の5分間は何回でも無料というオプションを、月々850円の料金で提供開始です。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同様発信者番号通知にも対応しており、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、毎月45分ほど電話をかける,という方には最適な通話オプションサービスだと思います。

最初のひと月は無料!

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、初めの1ヶ月は料金がタダになります。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。スマホ端末やSIMカードが1日に到着したとすれば、その1ヶ月は丸々タダで使えるというワケです。しかし、今使っているスマートフォンなどの解約にかかるお金も考える必要がありますので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天の格安SIMの月額と解約

楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて見ていきましょう。現在ご使用になっているスマホ代と比べながら、どれだけ料金が安くなるか、参考にしてください。では、楽天モバイルのプランや料金を細かく見ていきましょう。

料金プラン

楽天モバイルのプランは、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である225mbpsまでつかえるプランとなります。楽天モバイルで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

解約手数料について

楽天モバイルの解約縛りと解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。1年以内に解約をした場合は、手数料が9800円かかるので要注意です。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

楽天モバイルのキャンペーン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です