楽天モバイルの回線速度や評判を調べてみました。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルでは、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。通信スピードに関しては、何不自由ない速度ですね。格安なのにdocomoと同じ回線が使えるということが、楽天モバイルの素晴らしいところです。今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの速度制限に関して

MVNO・キャリアともにそうですが、ユーザーが平等に使えるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度を制限しています。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。またdocomo回線を利用しているため、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。前置きはこの辺で、楽天モバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomoの基地局を使ったお得なスマホ

楽天モバイルでは、docomoの回線を使っています。気になる通話品質もドコモと同じなため、一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。ドコモのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、楽天モバイルのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、スマートフォン本体にかかる費用を節約することも可能です。ドコモの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

格安スマホの機種が選択肢豊富すぎる

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たにスマートフォンを購入する必要があります。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、かなりの種類があり、他のMVNOと比べても豊富なラインナップとなっています。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。メリットの多い楽天モバイルですが注意したいのは、端末を分割払いする場合は楽天カードを利用する必要があるということです。楽天カードを持っていない場合は、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。それでも選択できる機種の種類が他のMVNOよりも多いことは、楽天モバイルの大きな強みとなっています。

データ通信量の繰り越し

利用プランによって使える容量は異なりますが、実際にはあまり利用せず、データ使用量が残ってしまうという時もあると思います。しかし、こういった場合でも楽天モバイルであれば、データ容量を次の月に持ち越すことができます。MNVOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、繰越し対応というのが、楽天モバイルも大きな魅力のひとつと言えます。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

通話料が半額で番号通知可能な楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」アプリを利用すると通話料が半額になり毎月のスマホ代がお得になります。プレフィックス型通話サービスと言われるもので、IP電話と違い、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。当然、いつも使っている携帯電話番号が空いてに通知されます。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話サービスの場合、大半が非通知での発信のみだったり、050番号が通知されたりするので、発信者が分かりづらく使いづらいのですが、楽天でんわであれば、そのような心配な不要です。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、だいたいのMVNOが、無料通話のサービスをやってはいません。MVNOのスマートフォンは月々の金額は安くて助かるのですが、通話の度に料金がかかってしまうのは心配だ、という方のためのサービスが始まりました。楽天モバイルでは、国内通話が最初の5分間は何回でも無料というオプションを、月々850円の料金で提供開始です。通常の電話回線を使った5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同様発信者番号通知にも対応しており、いつも電話をするコマンドや動作と何も変わらないので、難しい事はなく電話し放題になるとゆうメリットしかありません。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、毎月45分ほど電話をかける,という方には最適な通話オプションサービスだと思います。

最初のひと月は無料!

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、初めの1ヶ月は料金がタダになります。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。スマホ端末やSIMカードが1日に到着したとすれば、その1ヶ月は丸々タダで使えるというワケです。しかし、今使っているスマートフォンなどの解約にかかるお金も考える必要がありますので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天の格安SIMの月額と解約

楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて見ていきましょう。現在ご使用になっているスマホ代と比べながら、どれだけ料金が安くなるか、参考にしてください。では、楽天モバイルのプランや料金を細かく見ていきましょう。

料金プラン

楽天モバイルのプランは、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、データ通信SIMではなく、音声通話SIMを必ず選択してください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、ベーシックプラン以外は、LTEという高速回線である225mbpsまでつかえるプランとなります。楽天モバイルで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

解約手数料について

楽天モバイルの解約縛りと解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。かたや通話SIMは、12ヶ月間が最低利用期間となっています。1年以内に解約をした場合は、手数料が9800円かかるので要注意です。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

楽天モバイルのキャンペーン情報

Umobileの月額料金と解約費用│速度や評判などの口コミも

Umobile月額プランと解約

U-mobileの月々の利用料金と、その他かかる費用について説明します。現時点で請求されているスマートフォン利用料金と照らし合わせながら、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、確認してみるとよいでしょう。これから、料金プランの詳細を見てみましょう。

月額費用

Umobileの料金プランに関しては、データ通信専用に使うSIMと音声通話ができるSIMとで別れています。070や080、090といった番号を使用する場合は、音声通話可能SIMを使うことになるので、070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金は、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

1年間の解約制限がつく、音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は、「LTE使い放題プラン」では2,980円に設定されている毎月の料金が、毎月250円安い2,730円になるプランです。

Umobileの解約縛りについて

Umobileの解約制限について、解説していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。一方通話SIMについては、最低6か月の利用が必要になってきます。6ヶ月以内に解約しようと思うと、違約金として6,000円が費用となりますのでご注意ください。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、7ヶ月以上経てば、いつ解約しても違約金が掛からないのは嬉しいですね。

「LTE使い放題2」の最低利用期間

他のプランと違い、LTE使い放題2プランの場合、特別に最低利用期間・契約違約金の解約制限が設定され、他の契約プラントは違っています。6ヶ月以内で解約するとなると、9,500円の解約違約金が掛かります。なお、7ヶ月から12ヶ月目までの解約に関しては解約手数料として3500円発生することになります。11ヶ月以内に契約されたプランを変更されると、プラン変更の際に3,500円お支払いただくことになります。以上のように、他のプランとは契約の内容が少し異なるという点をご理解お願い致します。月額料金を割引にしている分、1年以内の契約変更手数料は高めですが、期間内に解約もプラン変更も絶対にしないのであれば、「LTE使い放題2」の方が、毎月の通信費を節約できます。

Umobileの特徴

格安スマホサービスを提供するMVNOの中で今注目を集めているUmobileは、U-NEXTという動画配信を行っている株式会社の事業の一つになります。運営会社である株式会社U-NEXTは、2010年に独立してからわずか5年で東証一部に上場、上場企業ならではの安心・信頼は大きなメリットで、一気に注目を集め、人気MVNOの上位ランキングに位置するようになっています。また、格安スマホの中では、LTEが使い放題のプランがあることでも注目を浴びています。高速回線を無制限で使いたいならUmobileがおすすめです。今回は、Umobileの詳細を調べてみましたので、Umobileに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線網の格安スマホサービス

U-NEXTの格安スマホサービス「Umobile」は国内最大手のdocomoの通信回線網を利用してそのサービスを提供しています。そのため安心の通話品質です。docomoと全く同じクオリティの通話が可能で、使用可能エリアも広いため、繋がりにくく不便だと感じる事はありません。当然、docomoのスマホならUmobileでもそのまま使えます。UmobileのSIMフリースマホを購入して利用していただいてもかまいません。お持ちのdocomoのスマホは、SIMカードのみの契約で使用開始できますので、スマホの本体代がかからず、お得に購入できます。docomoの回線を利用しながら、安心でお得に格安スマホを利用することができる嬉しいサービスなのです。

高速回線使い放題プランがある

Umobileには、「LTE使い放題」と言うプランがあり、ほとんど他のMVNOには、LTE使い放題のプランが設定されていないため、こうしたプランはUmobileが高く評価される一因となっています。LTE高速回線を使っている人にとっての悩みといえば、通信が高速なだけにすぐに通信容量の上限に達しやすいということがあると思いますが、使いすぎを気にすることなく利用できるので、まさにおススメのプランですね。そうなると心配になるのはお値段ですが、月額の料金も3000円未満の設定としています。これは大手のキャリアには全く太刀打ち出来ない、格安の料金設定です。月々の通信量の多さと利用料金の高さに悩んでいた方にとっては、朗報とも言える料金設定ですね。日常的に高速通信を必要とされる方は、ぜひ利用を検討していただきたい格安スマホです。LTE使い放題プランが気になる人は今すぐUmobile公式サイトにアクセスしてみて下さい。

不通期間なしのMNP可能

Umobileの魅力の一つは、MNPに即日対応となっていますので、今までどおりに使うことができる点です。
MNP届け出方式を採用することでSIMカードが届いてからMNP転入をすることが可能となり、インターネットを通して手続きを済ますだけで、即日MNPが完了するので、携帯が使えなくなるという恐れはまったくありません。これまでは、即日のMNPを行う場合には、店舗まで足を運ばなければなりませんでしたが、
今では、自宅の外にいても在宅したままでもMNP切り替えは即日でできるのです。MNPの手続きを行う際に、しばらくの間は携帯が使えないのがネックで、MVNOへの切り替えを踏みとどまっていた方も、迷うことなくMNPが可能となりましたね。手続きの方法は非常に簡単で、SIMカードが手元に届いたらUmobileマイページにアクセスして回線切替ボタンを押すだけです。今まで乗り換えは手間がとお考えの方もこの機会にご検討下さい。”

Umobileの通信スピードに関して

たくさんのMVNOがありますが、その中でもUmobileは、docomoの4GLTE(225Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。

Umobileにおける通信制限

どのMVNOでもそうですが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、過度にデータ通信を使用したユーザーに対して、速度制限を行っています。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、定められた容量をオーバーした利用者には、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。速度制限の対象とする3日間の規定容量は記載されていませんでした。

Umobile評判

Umobileといえばコレ、無制限にLTEが使えるプランがLTE使い放題プランです。大手キャリアであるドコモの高速LTE回線が、使い放題なのは他のMVNOには、ほとんどないプランです。他者から乗り換えでこのプランを選択する事で、毎月のスマホ代が節約出来る可能性も秘めています。

通話プラス限定、毎月もらえるU-NEXTポイント

ユーザー数100万人超の動画配信サイト、U-NEXTで使用が可能な、U-NEXTポイントが毎月貰えるサービスがあります。LTE使い放題2プランの場合は、1ヶ月に400ポイント。他のプランの場合は、1ヶ月に600ポイント貰うことができます。U-NEXTは300円程度で1作品が見られるので、毎月1?2作品分のポイントがプレゼントされることになります。U-NEXTで配信される作品は、映画はもちろんのこと国内外のドラマやアニメなど、様々なジャンルを幅広く取り揃えています。月額料金が3,000円程度でありながら400~600ポイントも還元されるというのは、とても素敵で魅力的な特典ですよね!

Umobileの割引キャンペーン

IIJmioの評価・評判とサービスの詳細まとめ

IIJmio評価まとめ

IIJmioのメリットは、顧客への手厚いサポートと老舗MVNOとして信頼性がある事です。株式会社イードがおこなっている格安SIMアワードにおいて、総合部門の最優秀賞を受賞したということからも、高い評価を受けていることがわかります。分からないことがあっても、専任のスタッフが電話で対応してくれるため、今まで格安スマホ/SIMを使った経験が無い人でも、わからないことは気軽に質問できるので、安心してMVNOを使い始めることができます。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が人気の理由

IIJmioの評価において多い口コミは、高速通信が安定しているという点と、サポート体制がしっかりしているという点で評価を得ているということです。株式会社イードの顧客満足度の調査結果からも分かる通り、顧客満足度が高いMVNOとして最優秀賞を受賞しています。このことから考えても、MVNOの中で選択すべき有力な候補の一つと言えます。さらに、数あるMVNOを比べてみても、つながりやすさとシステムに安心感を抱かせてくれる、老舗スマホだと言っていいでしょう。ユーザーの直接の声が反映されている口コミで、評価の高いMVNOですので、格安のスマホを使い始めようとしている方は、まず安心して使用を考えられる選択肢の1つでしょう。

みおふぉんの速度について

世の中には数多くのMVNOが存在しますが、IIJmioは、docomoの4GLTE回線を使用しています。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。IIJmioの高速で安定している通信速度は、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、さすが人気を裏付けるだけの高い評価を得ているようです。スマホは高いというイメージがありますが、価格が安くて速度も申し分が無いスマホをお探しなら、IIJmioがピッタリです。

みおふぉんの速度制御に関して

IIJmioの場合、低速通信を利用している時に、直近の三日間の通信量によっては、速度制限の対象となることがあります。高速通信時には、そういった制限はございませんので安心してご利用ください。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持しています。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

IIJmioのチェックポイント

MVNOサービスを提供している、株式会社インターネットイニシアティブの「みおふぉん」についてお教えします。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスが開始された時から営業を開始しているため、格安SIMを利用している人なら、IIJmioという機種を耳にしたことがあると思います。実績の高さは2015年に行われた「格安SIMアワード2015」でも実証されており、顧客満足度調査総合部門で最優秀賞に輝いています。ブランドイメージや充実した利用者へのサポートが、多くの利用者の支持を得ました。さて、IIJmioの評判から速度まで、まとめてみました。気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoの基地局を使った格安SIM・格安スマホ

IIJmioはドコモの回線を使っているMVNOのひとつです。従ってdocomoが提供する品質と同じ通話品質が得られますし、電波の繋がりやすさにおいても心配する必要はありません。現在、docomoのスマートフォンを利用しているのであれば、お持ちの機種をそのままIIJmioで利用することができます。これを機会にスマホ本体も更新したいという方のために、IIJmioはお得なセット販売も行っています。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、何万もするスマホ本体の代金に悩む必要が無いっていうところが嬉しいですね。IIJmioを一言でまとめると、docomo回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

バースト機能│低速時がより快適に。

IIJmioでは、独特な機能を持っているバースト転送というものを使ってサービスを提供しています。まだ聞いたことがないという方には、ぜひとも知っておいて頂きたい機能なので解説したいと思います。バースト機能とは、低速通信時の最初の数秒間、高速通信を行う事で、ページを表示する速さが向上出来る機能になっています。このバースト機能によって、低速通信でもインターネット環境が快適となり、ページが表示されるのをイライラしながら待つこともなく、快適にウェブページ等を閲覧できるので、好評を集めている機能なのです。現在、バースト機能はIIJmioとDMMモバイルで利用できる機能です。

高速通信量の繰り越し

各プランでデータ容量が異なりますが、毎月、必ずしも同じ使用量とは限りませんよね。しかしIIJmioの場合なら、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。データ容量の繰越サービスは、すべてのMVNOで採用しているものではないので、この繰越制度は、IIJmioのセールスポイントの一つです。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

子どもや孫と一緒に使える、SIMカード10枚までOK

IIJmioの追加サービスである「ファミリーシェア」なら、SIMカードを追加で10枚までなら増やすことができます。家族10人でllJmioへ乗り換えると、みんなで使えば、断然お得なんです。携帯代は家計を圧迫する要因の1つです。それが改善されれば、相当な節約効果が得られるかもしれません。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。格安スマホに不安はあると思いますが、電話サポートも万全なので安心です。お子様がいるご家庭には「みまもりパック」もおすすめです。多角面よりお子様をサポートできます。

IIJmio料金プランと解約

IIJmioの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。今使っているスマホの料金と比べて、通信費がいくら節約できるか、確認してみるとよいでしょう。どれだけ安くなるのか、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

IIJmioの料金プラン・初期費用

IIJmioの料金は、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。番号が070、080、090で始まるものは音声通話SIMとなるので、キャリアのスマホと同じように使う際には、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ通信専用SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円となっています。

IIJmioの解約制限

みおふぉんの最低利用期間と解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。最低利用期間の規定は、IIJmioのデータSIMにはありません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。音声通話SIMに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。12ヶ月以内に解約しようと思うと、違約金の9,000円を支払わなければなりません。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、契約から13ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

【まもなく締切】限定キャンペーン